厄介なシロアリ対策とイタチ駆除をしっかりと考えて行おう

効果的な害虫、害獣対策

シロアリ

家を構成する木材を食い荒らして多大な害をもたらすシロアリやイタチ。このシロアリやイタチ対策は何か取られていますか?シロアリやイタチの対策は日常からしっかり取っておかないと、知らない間に木材はどんどん脆くなっていき、やがて家を崩壊させる原因になります。シロアリやイタチは害虫、害獣以外の何物でもなく、またどの家にも発生する可能性があるのです。シロアリの対策やイタチ駆除には、まずシロアリやイタチが寄ってくることを防ぐ方法が取られます。建物の基礎部分などの土壌や木材に薬剤を散布する、また駆除用の成分が含まれた餌を撒くなど。シロアリやイタチを寄せ付けない方法はいくつかあるわけです。しかし、さらに対策を効果的にするためには外からの作りをさらに強化することも有効なのです。例えば外構工事の際に木材に処理を施す、外壁塗装でシロアリを寄せ付けない工法やイタチの侵入できない工法を使うなど、家の基礎以外にも処理を施すべきところは多くあります。シロアリとイタチはどこにでも生息し、湿気や適温といった条件がそろっていればいくらでも浸食する機会はあり、また侵入経路も各方面に存在します。土壌や外部から簡単に入り込まれてしまうというわけです。そのため、シロアリやイタチ対策のために外構工事や外壁塗装の時点で外から家を守ること、また土壌から対策を講じることが大切なのです。しかし、いくら外構工事や外壁塗装を完璧にこなしたとしても、その効果は長く続きません。どこかに腐食や破損、また薬剤の効果の限界が来てしまうと、そこからシロアリやイタチは容易に侵入します。そして家の内部に入られてしまうとさらに対策が困難になるわけです。この機会に、外構工事と外壁塗装を含めたシロアリ対策やイタチ駆除などを見直してみてはいかがでしょうか。

ハクビシン

駆除の被害

害虫や害獣が増えることによって一般家庭や農家などでは被害が増えてきています。特にゴキブリのように生命力の強い生き物は退治したと思っても退治しきれずに、また増殖してしまい定期的に駆除を繰り返さなければいけません。

南京虫

かゆみの発生

トコジラミに血を吸われてしまうと、非常に強いかゆみが発生します。吸血時に唾液を一緒に注入することで、アレルギー反応が生まれ、痒みがでます。また、咬傷がしばらく肌に残ります。

シロアリ被害

害虫対策の順序

シロアリが自宅を食い荒らすことを防ぐには、より効果的な措置をとるために順序を守る必要があります。ある程度駆除をした上で外壁塗装を行なうなどの流れに注意すると良いでしょう。