厄介なシロアリ対策とイタチ駆除をしっかりと考えて行おう

駆除の被害

ハクビシン

全国的に害獣であるハクビシンによる被害を一般の家やお寺、農家などから被害届が出ています。ハクビシンは特定の天敵がいないことや繁殖力が強いことからすぐに生体数が増えてしまっています。そのハクビシンは住まいの屋根裏などに暮らす特徴があり、おしっこで天井が染み付いてきたり、天井裏にハクビシンの糞が山盛りになっていたりなどの問題が起こります。ハクビシンによる被害はそれだけでなく、ダニやノミが家の中に生息し、刺されたり、雑菌や細菌が繁殖し、健康上、衛生上に問題が生じてきます。そういった問題を解決してくれるのがハクビシン駆除を専門にしている業者です。住み着かれた原因や被害状況を調査し、問題解決をするとともに再発生を防ぐことができます。ハクビシン駆除や退治をしたいと考えている方は専門業者に任せるといいでしょう。

最近では、ハクビシンの繁殖が増加し、首都圏の住宅でも目撃や被害がでるようになりました。テレビなどのメディアからも注目されるようになり、ニュースなどで紹介されていることもあります。そういった状態なので、あなたの屋根裏にもハクビシンが住み着いてしまうことも考えられます。屋根裏が騒がしかったり、染み付いてきたりしているなら、ハクビシンなどの害獣が住み着いている可能性が考えられます。そのときには、自分で退治するのは危険です。ハクビシンは野生動物特有の凶暴さがあり、外見は可愛らしいですが、噛み付かれるおそれもあるので必ず、ハクビシン駆除専門業者に相談しましょう。